あなたは大丈夫? こんなお客さんは嫌われている

マッサージ屋はみんな、お客様を癒してあげたいという気持ちでいっぱいです。
でも、中にはそんなマッサージ屋さん達に嫌われてしまう人もいます。。。
イヤイヤ仕事をしたら、どんなに上手な人だって腕が落ちてしまいます。

では、どんな人がマッサージ屋に嫌われるのでしょう?

態度の悪い人

当たり前すぎることなんですが、態度の悪い人は嫌われます。
いろんなお店で働きましたが、意外とそういうお客さんはいるんです。
疲れてるから、ついついイラッとしてしまうのかもしれません。でも、そういう態度は全部 施術者の心に残ってします。

受付で、何か言われても返事もしない人。予約の電話の物の言い方が良くない人。必ず損しています。
もちろん受付と施術者が別のお店もあります。そういうお店なら大丈夫なんじゃない?って思った方、アマいですw
そういうお店でも必ず施術者のに情報は伝わります。

噂話をする猫達

また、指名する相手にだけ優しくて、その他のスタッフには嫌な感じの人っていうのもたまにいます。
そういうのも必ず情報はまわります。
(あぁー、そうなんだ。困った人なんだなぁ)
って思われてしまいます。

筆者も色んなお客様を見てきましたが、態度が悪かったり理不尽だったりするお客さんの代表格はこんな人です。
・言いたいことは言うけど、こちらから聞いたことには答えない
・予約したのにすっぽかす。そして別の日に何もなかったようにお店にくる人
・指名したい人が入れないと怒り出す人
・お店のルールを無視した無理な注文を入れようとする人
・「俺はいい客だから何かサービスしろとか」言い出す人

マッサージ屋に限ったことではないですが、悪い態度をとればそれは必ず自分に返ってくることを覚えておきましょう。




 

女性スタッフに嫌われるお客さん

女性スタッフに嫌われる代表格と言えば、女性指名なのに「もっと強くもっと強く」と注文するお客さんです。
休憩所なんかで悪口大会が始まると必ず女性たちにすごい言われます。
強揉みが好きなら、男女関係なく「強くできる人で」と注文をしましょう。
女性を指名しておきながら「強く強く」と言っていると理不尽なことを言う人として嫌われてしまいます。

女性に嫌われる_強揉み

あとは、やっぱり臭い人、不潔な人も当然嫌われます。

ちなみに、強揉み希望というだけで嫌われることはないです。
休憩室で「あのすごい堅くて強揉みの人、昨日また来てたよ」とか話題になることは多いです。そして男女問わずみんな「疲れているときはやりたくない」とか言ったりもしています。
でも、それは嫌いというわけではないです。
なんとかその人の役にはたちたいと心の中では思っていて、施術をするときも一生懸命やるのですが、やっぱり疲れちゃうので、裏ですこし愚痴を吐いたりはしちゃうんですよねw

ちなみに、筆者は強揉み希望のお客様が好きです。
筆者は強揉みが得意なので、指名になることが多く、強揉みのお客様に当たると(やった!)と思ってます ^-^

前回の話→ あなたはどっち?得してるお客さんと損しているお客さん

目次 ボタン

あなたはどっち?-得してるお客さんと損してるお客さん ボタン

上級者は予約する。そのメリットは? ボタン

足ツボは贅沢?でも実は効率よく効くんです

体調を崩しやすいタイミング

コリ過ぎで痛い時はマッサージは受けていいの?となやんだら

整体・整骨院をお探しなら整骨院Navi

あなたはどっち? 得してるお客さんと損してるお客さん

良いお客さんになればもっと良い施術を受けられる

施術者だって人の子です。どうしたって好きな人、嫌いな人がいます。
好きなお客様を担当した時は、特に意識をしなくても自然と心のこもった丁寧なマッサージをするでしょう。
嫌いなお客様を担当した時は、どんなに頑張っても多少は腕が落ちるものです。

同じ金額を払って受けるなら、施術者の方に好かれるお客様になって受けたほうが絶対に得です。
マッサージに限らず、技術者の方に何かお仕事をお願いするときはきっと同じだと思うのですが、イヤイヤやる仕事と自分から一生懸命する仕事では差が出るものです。

あなたはどっち?_また来ないかな

では、具体的にどんな人がマッサージ屋さんに好かれるのでしょうか?
ほとんどのマッサージ屋さんは人を癒してあげるのが好きな人達です。だからこそ、この仕事を選んでマッサージ屋の仕事をしているのです。
だから特別な人である必要はないのです。
普通の人は、ほとんどみんなマッサージ屋さんに好かれているはずです。
でも、さらにマッサージ屋さんが好きになって、一生懸命仕事をせずにはいられなくなる人というのがいます。

疲れた理由を話してくれる人

同じ施術をするのでも、どうして疲れたのかを知っている相手のほうが親身になれます。
「昨日、近くに引っ越ししてきてね。引越し作業でもう腰が痛くって。。。」
そう言われたら、一生懸命腰を揉みたくなってしまいます。

「左の肩が上がらないんですよ。このへんまであげると。。イタタタタ。。」
なんて言われたら、少しでも痛みがすくなくなるように何とかしてあげたいって思うのがマッサージ屋です。

もちろん、ホントに疲れた時は喋るのだっておっくうで、お金を払ってるのはこっちなんだから、黙って受けたいよ、と思う人もいると思います。
でも、マッサージが始まる前にちょっとだけ担当の人に自分の状況を話してあげてください。
無駄な話はいらないんです。どこが疲れているのでやって欲しいのか。そしてどうして疲れちゃったのか。

そのほんの一言二言で、施術者の気持ちにスイッチが入るんです。
そして、受け終わった後にはきっと身体がラクになっていることでしょう。

初めての人よりも、2回目の人

「一見さんお断り」なんて言うつもりはないんです。
マッサージはそんな敷居の高いものじゃないですからね。
でも、やっぱり一度でも身体を触ったことのある人のほうがより上手に施術が出来るものなんです。

初めてのお客様だと、「どんな身体かな?」
ってさぐりながら施術をすることになります。
もちろん「どこが疲れていますか?どこかお怪我していたり触られたくないところはありませんか?」と初めに聞くのが基本です。
でも、それを聞いたうえでも初めてのお客様だと施術者は緊張しているものです。
お客様に「あぁ、大丈夫大丈夫。どこも悪くないから」と言われていても、いざ施術をすると「あいたたた。そこは触らないで。先月手術したんだよ」なんて後から言う人は結構多いんです。
また「肩が疲れてるからたくさんやって」と言われても触ってみたら肩よりも腰のほうがすごいことになっているなんてことも多々あります。
必ずしもご本人の自覚が正しいとは限らないからです。




だからやっぱり初めてのお客様の時には慎重に施術をするものです。
そして、2回目以降は一度やって分かっているわけですから、初めての時よりもよりお客様に合った施術が出来ます。
また、いつも通ってくださっているお客様が普段と違う疲れ方をした時には「今日はいつもと違ってずいぶん足が疲れていますね」
なんて、話しかけたりするものです。
そうすると、
「昨日、めずらしく山に登ってね。だからクタクタなんだよ」
なんて情報を引き出せたりします。そうやってより良い施術が出来ることにマッサージ屋は喜びを感じるものです。

一見さんだって大歓迎です。
でも、常連さんのほうがより上手に揉めますよということなんです。

あなたは大丈夫? こんなお客さんは嫌われている へつづく

目次 ボタン

あなたは大丈夫?-こんなお客さんは嫌われている ボタン

上級者は予約する。そのメリットは? ボタン

整体・整骨院をお探しなら整骨院Navi

足ツボは贅沢?でも実は効率よく効くんです

体調を崩しやすいタイミング

コリ過ぎで痛い時はマッサージは受けていいの?となやんだら