寝ながら受けるともったいない? ~あなたは寝る派?寝たくない派?~

リラクゼーションマッサージの施術をしていると、寝ちゃうお客さんってよくいます。
施術をするほうとしては寝てくれたほうが楽だったりするのですが、お客様の中には「寝ちゃうともったいない」と言う方もけっこういます。
でも、「マッサージを受けながら寝るのが好き」という方ももちろんいます。

今回は、寝たほうが良いのか、寝ないほうが良いのかを考えてみましょう。

寝る派?寝ない派?_J

もったいないというのは女性が多い

最初にも書きましたが、「寝ちゃうともったいない派」と「マッサージを受けながら寝るのが好き派」の2つの派閥があるのですが、もったいないというのは断然女性が多いです。

女性はもったいないと思って寝ないように頑張っていたり、ご主人がマッサージを受けながら寝ちゃっていたりすると施術後に「あなた寝ちゃってたわよ。」とちょっと笑いながら言ったりします。

そして寝るのが好きな男性陣は、(それが気持ちいいんじゃん)と思いつつも何も言わない。
そんなご夫婦をよく見かけます。

さて、寝ちゃうともったいないと言いますが、どうもったいないのでしょう?
寝ちゃっていても施術者はきちんと施術をします。
(お、こいつ寝たぞ。しめしめ、じゃあちょっと休憩しようかな)
なんて施術者は見たことも聞いたこともないです(笑)

でも、もったいないと思う人の心理としては、せっかく気持ちよいことを受けているのだから、(寝ちゃっていたらそれが分からないからもったいない)と思うようです。

この考え方は間違ってはいないと思います。
脳科学で、『嫌なことのほうが人は記憶に残しやすく、良いことは忘れやすいので、良いことがあった時にはそれを意識して積極的に感じるようにしたほうが良い』というお話があるそうです。

なので、気持ちよいことを積極的に感じるために寝ないようにするという考え方は間違っていないようです ^^




じゃあ、寝るのが好きな人は損しているの?

いえいえ、そんなことはありません。
寝てしまったほうが良いこともあるんです。

受ける人が眠ってしまうと、身体はより脱力します。
なので、施術をしやすくなります。
より指も筋肉に入っていきやすいですし、身体も動かしやすいです。
また、施術者もリラックスして仕事に集中しやすい環境になるので、より良い施術を受けられるかもしれません。

また、受けながら寝るのが好きなのに、無理して起きようとするのはストレスになってしまうかもしれません。
せっかくお金を払って身体によいことを受けるために来たのに、ストレスになったらもったいないです。
なので、寝るのが好きな方にとっては寝てしまったほうが良いということになります。

でも、意識して感じたほうが効果が高いんでしょ?
と、思った方もいますよね。
でも、大丈夫です。寝てしまってもマッサージの効果をきちんと実感する良い方法があるのです。

それは、施術の前と後の自分の身体の状態をよく比べることです。
そのためには、施術前にどこが疲れているのか、コリ過ぎて痛いところはどこか?どのくらい疲れているのか?をきちんと感じてみてください。
そして施術後に、その部分がどう変わったのか?軽くなったのか?痛みが和らいだのか?疲れを感じなくなったりスッキリしたのかを確認するのです。

そうすると、(おぉ!こんなに調子が良くなったぞ!)とマッサージの効果を意識的に実感することになり、気持ちよいことを受けたと記憶に残りやすくなります。

もちろん、受けてみてほとんど変わらない場合は、同じ施術者にまた受けるようなことが無いように、お店の名前と施術者の顔と名前を覚えましょう。
次に来るときには別の誰かを指名して、同じ失敗が無いようにすることも大事です ^^;

目次 ボタン

あなたはどっち?-得してるお客さんと損してるお客さん ボタン

あなたは大丈夫?-こんなお客さんは嫌われている ボタン

上級者は予約する。そのメリットは? ボタン

足ツボは贅沢?でも実は効率よく効くんです

体調を崩しやすいタイミング

コリ過ぎで痛い時はマッサージは受けていいの?となやんだら




コリ過ぎで痛い時はマッサージは受けていいの?と悩んだら

マッサージを受けたいのかどうか、まずは自分の身体に聞いてみる

筋肉のコリが溜まり過ぎて痛くなっちゃう時ってありますよね。
そういう時ってマッサージを受けていいの?って悩むこともあると思います。

実際、そういう質問を受けることもよくあります。

でも、まずは人に聞く前に自分の身体に聞いてみましょう。
マッサージを受けたいなって気持ちになるでしょうか?
例えば、肩がコリ過ぎて痛くなってしまった時、(誰かに揉んでもらいたい。そうしたら楽になりそうだ)って自然に思えるでしょうか?
それとも、(誰にも触ってもらいたくない。そっとしておいてもらいたい)って感じるでしょうか?

身体からのサインを脳はきちんと受け取っているものです。
悩む前に自分の素直な気持ちを感じてみましょう。
脳が正しい答えを感じ取っているはずです。




もっと客観的な答えはないの?

いやいや、そういう自分の感覚が信じられないから人に聞きたいんじゃん。
そう思う方もいらっしゃいますよね。

確かに、一度悩みだしてしまっては素直な自分の感覚が分からなくなってしまうこともあると思います。

リラクゼーションマッサージは基本的に筋肉をほぐし、血行を良くするために行うものです。
なので慢性疲労などには効果があるのですが、急性で炎症をおこしているような場合には逆効果になることもあります。
なので、捻挫のような感じで痛む場合、また痛む場所が熱を持っている場合などはマッサージを受けないほうが良いでしょう。

慢性的な疲れやコリが原因のときにはマッサージは効果的です。

どこがツラいのか、どうしてそんなに疲れてしまったのかなどを施術者に伝えて、よくほぐしてもらいましょう。




目次 ボタン

あなたはどっち?-得してるお客さんと損してるお客さん ボタン

あなたは大丈夫?-こんなお客さんは嫌われている ボタン

上級者は予約する。そのメリットは? ボタン

足ツボは贅沢?でも実は効率よく効くんです

体調を崩しやすいタイミング

整体・整骨院をお探しなら整骨院Navi