どこからが上手な人? その1 絶対条件は基本を押さえているか

以前に良い施術者の条件に付いて、書いたことがあります。
(上手い人ってどんな人?その1)
(上手い人ってどんな人?その2)

あの時は、マッサージなどの施術者は人柄がとても大事だということをお話ししました。
今回は、技術的な面について、上手い人と下手な人の違いについて書いていきたいと思います。

最初に答えを書いてしまいますが、上手な人と下手な人の差は、ある2つのことが出来るかどうかの違いです。
1つめは、基本を押さえているかどうか
2つめは、疲れているところが分かるかどうか

基本_01_J

基本を押さえていることが絶対条件

どんなものでもそうだと思うのですが、まずは基本をちゃんとおさえていることが大事です。
マッサージの基本とはどんなものでしょうか?

よく言われる基本は、次の3つです。

● 腕力ではなくて、体重で押す
● 筋肉に対して垂直に押す
● リズムよく押す

これらが自然に出来るようにならないと、上手な施術はなかなか難しくなります。

 

まず、体重で押すという点ですが、これが出来ない初心者は腕力で押すことになります。
体重でなく腕力で押すと受ける人は痛く感じてしまいます。
また、もっと強くと言われた時に勢いをつけて押すことになります。
そうすると、押された人は殴られたような痛みを感じたり、酷い時には痣になったみたいにしばらく痛みが残ったりします。




強揉みが好きで「もっと強く」とお願いしたら、強くなったのではなく、痛くなったという経験がある人はけっこういるのではないでしょうか?
強く押すというのは痛く押して欲しいのではないのです。
初心者の施術者が「強くおして」と言われると困ってしまって勢いよく押したり、爪を立てるように押して、クレームになったりするのです。

きちんと体重をかけて押す施術が出来ないと『気持ちよく強い施術』をすることは難しいのです。

つぎに、筋肉に対して垂直に押すという点についてです。
筋肉というのは平らではありません。
部位によっても、位置によってもちがいます。
アプローチする筋肉に対して垂直になるように押すことが大切です。

例えば背骨はS字カーブを描くような形をしているので、背中から腰にかけてもやはり湾曲した形をしています。
それに合わせて角度を変えて押すことが大切です。
これは筋肉の形や位置をある程度把握していないと難しいのです。

リズムよく押すという点は、素人の方でも想像しやすいと思います。
変なリズムで押すと、受けている方が違和感を覚えてしまいます。
心地よいリズムで押されれば、よりリラックスできます。

「どこからが上手な人?その2」へつづく




目次1へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

頭痛、肩こり、腰痛などの気になる健康関連の話のボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

気になる他人の利用法のボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、選び方

あなたは大丈夫? こんなお客さんは嫌われている

マッサージ屋はみんな、お客様を癒してあげたいという気持ちでいっぱいです。
でも、中にはそんなマッサージ屋さん達に嫌われてしまう人もいます。。。
イヤイヤ仕事をしたら、どんなに上手な人だって腕が落ちてしまいます。

では、どんな人がマッサージ屋に嫌われるのでしょう?

態度の悪い人

当たり前すぎることなんですが、態度の悪い人は嫌われます。
いろんなお店で働きましたが、意外とそういうお客さんはいるんです。
疲れてるから、ついついイラッとしてしまうのかもしれません。でも、そういう態度は全部 施術者の心に残ってします。

受付で、何か言われても返事もしない人。予約の電話の物の言い方が良くない人必ず損しています
もちろん受付と施術者が別のお店もあります。そういうお店なら大丈夫なんじゃない?って思った方、アマいですw
そういうお店でも必ず施術者に情報は伝わります。

噂話をする猫達

また、指名する相手にだけ優しくて、その他のスタッフには態度の悪い人っていうのもたまにいます。
そういうのも必ず情報はまわります
(あぁー、そうなんだ。困った人なんだなぁ)
って思われてしまいます。

筆者も色んなお客様を見てきましたが、態度が悪かったり理不尽だったりするお客さんの代表格はこんな人です。
・言いたいことは言うけど、こちらから聞いたことには答えない
・予約したのにすっぽかす。そして別の日に何もなかったようにお店にくる人
指名したい人が入れないと怒り出す人
・お店のルールを無視した無理な注文を入れようとする人
・「俺はいい客だから何かサービスしろ!」と言い出す人

マッサージ屋に限ったことではないですが、悪い態度をとればそれは必ず自分に返ってくることを覚えておきましょう。




 

女性スタッフに嫌われるお客さん

女性スタッフに嫌われる代表格と言えば、女性指名なのに「もっと強くもっと強く」と注文するお客さんです。
休憩所なんかで悪口大会が始まると必ず女性たちにすごい言われています
強揉みが好きなら、男女関係なく「強くできる人で」と注文をしましょう。
女性を指名しておきながら「強く強く」と言っていると理不尽なことを言う人として嫌われてしまいます。

女性に嫌われる_強揉み

あとは、やっぱり臭い人、不潔な人も当然嫌われます。お客様に触れる仕事ですから、そういうことは特に敏感です。

ちなみに、強揉み希望というだけで嫌われることはないです。
休憩室で「あのすごい堅くて強揉みの人、昨日また来てたよ」とか話題になることは多いです。そして男女問わずみんな「疲れているときはやりたくない」とか言ったりもしています。
でも、それは嫌いというわけではないです。
なんとかその人の役にはたちたいと心の中では思っていて、施術をするときも一生懸命やるのですが、やっぱり疲れちゃうので、裏ですこし愚痴を吐いたりはしちゃうんですよねw

ちなみに、筆者は強揉み希望のお客様が好きです。
筆者は強揉みが得意なので、指名になることが多く、強揉みのお客様に当たると(やった!)と思ってます ^-^

目次1へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

目次2へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方