マッサージを受けているのを知られたくないお客さん(贅沢してるって思われたくない?でも大丈夫!)

みなさんは、もしマッサージ屋さんのお店に入るところを誰かに見られたら、ちょっと恥ずかしいですか?

私は今まで色んなタイプのお店で働いていました。スーパー銭湯の中に入っている店舗、普通の路面店、そして出張マッサージ。

出張マッサージで働いているときに車の側面にお店のロゴマークが貼ってあったんです。
それを見たお客さんに「近所に見られると恥ずかしいな。贅沢してるって思われちゃう^^;」って言われたことがありました。

タイプ別 マッサージの受け取り方

お客さんに「贅沢してるって思われちゃう」と言われて(あ、そんな風に思うんだ。。。)って私は思いました。

マッサージって人によって受け取り方はそれぞれだけど、『贅沢』って思う人が多いかもしれないなぁって思います。

次に、少数ですが『必要だからやる』というタイプの方もいます。
これは、さらに2つのタイプにわかれます。
マッサージやってないとぎっくり腰になっちゃうから」という予防タイプの方と、「今、肩が痛いから少しでも何とかして!」という対症療法タイプの方です。

もちろん、普段は「贅沢」タイプだけど、仕事が忙しい時期だけ、「対症療法タイプ」に変身する方とかもいますw

マッサージは贅沢?それとも必要なもの?

他人から見たマッサージの受け取り方って考えたことありますか?

さて、ここでちょっと視点を変えてみましょう。

今まで見てきたのは自分が受けるときにマッサージをどう考えているかです。
でも、他人がマッサージを受けているのを見るとどう思うでしょう?

私が出張マッサージでお客様の家を出ようとしたところ、突然来客があったことがありました。
すると、その来客者とお客さんでこんなやり取りがあったんです。

お客さん「あ、○○さん、どうしたの?」
来客「あれ?人が来てるの?ちょっと話がしたかったんだけど忙しかったかな?」
お客さん「いやいや、マッサージ受けてたんだけど、もう終わったとこだから」
来客「え?!マッサージ? どこか具合悪いの?!」

来客の人はマッサージを受けてると聞いて、「具合が悪いの?」と受け取ったようですね。
自分が受けるときには、「贅沢」しているつもりになっちゃうマッサージ
でも、他人から見たら「調子が良くないのかな?」とか「よっぽど疲れてるんじゃないの?」と心配されたり気遣ってもらえることのほうが多いようです。

↓こちらの記事もおすすめ!
マッサージチェアはお買い得?のボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方




目次1へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

ブロトピ:ブログ更新しました!
https://blogcircle.jp/commu/845/topic/1

ブロトピ:ブログ更新しました!

足用のマッサージ機でおススメってありますか?

足のマッサージ機でおススメってありますか?」
たまーにですが、お客さんから聞かれたりします。

立ち仕事でも、座り仕事でも、足のむくみがひどくて悩んでいる人って意外と多いんですよね。
足がむくんでしまうほど長時間働いているわけだから、そんなにちょっしゅうマッサージ屋さんに行くこともできず、自宅で何とかできないものかと考えるのは当然だと思います。

私のおすすめは…

足用の癒しアイテムを聞かれたら、私がいつも答えるのは「100均で売ってる、イボイボのついたプラスチックの青竹ふみ」です。

(え?!100均のやつなの?もっといいものとかすごいもの教えてよ)
って顔をよくされてしまうのですが、これをお勧めするのには訳があるんです。

青竹ふみのおすすめポイント

つめは、自分の体重でぐーっと押せること

マッサージの基本に「腕力で押さずに体重で押す」っていうものがあります。
青竹ふみはそれと同じやり方で自分でマッサージできる道具なのです。

ローラー式や、空気の圧力で揉んでくれるものも気持ちいいですが、マッサージの基本をきちんと押さえた青竹ふみはより効果が高いと思います。

 

足用のマッサージ機でおすすめは?_上手なマッサージ屋さんの見つけ方_癒しアイテム

つめは、場所を取らないし置きっぱなしにできる

足専用のマッサージ機って、リビングに置きっぱなしにできないですよね。
場所を取ってしまって邪魔ですし、なによりくつろぎのスペースに置きっぱなしにしておくのはちょっと嫌ですよね。
事務机の下に置いておくのもやっぱり邪魔だし。
結局どこかにしまっておいて使うときだけだしてくるという使い方になると思います。

でも、待ってください。
もともとマッサージ機器って疲れてしまったり、足がだるくなってしまうから使ものなんです。
疲れているときにわざわざ出してくるのも、終わった後にわざわざしまうのもとても面倒です。
面倒なことは続くわけがありません。

どんなに良いものでも、続かないものはおすすめできません。

だけど、青竹ふみって薄くて小さいから、洗面所や台所の床に置きっぱなしにできますよね。
私のおすすめは、普段は洗面所の床の端っこに置いておいて、使いたいときは足でたぐりよせて使う(笑)
それも、歯磨きしながらとか、お化粧しながらとか、なにかしながら使うのがおすすめです。
だってそれなら続きますから。

 

いやいや、最近のマッサージ機はコンパクトになったしそれほど重くないものもたくさんあるんじゃない?って思った方もいると思います。

でも、想像してみてください。もし疲れて帰ってきてソファーに座ろうと思ったときにクッションが押し入れの中にしまってあったら、いちいち取りに行きますか?

(なんでソファーの上にないんだよ。別にクッションなくてもいいや)

って思っちゃいますよね。

クッションみたいに軽いものでも、しまってあるものを取りに行くのは面倒なんです。疲れているときに使うマッサージアイテムは、出しっぱなしでも大丈夫なものじゃないと、結局しまい込んでしまって使わなくなってしまうのがオチなんです。




目次1へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方
目次2へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

ブロトピ:ブログ更新しました!
https://blogcircle.jp/commu/845/topic/1

ブロトピ:ブログ更新しました!