マッサージ屋さんのお給料のはなし その1~マッサージ屋さんの四方山話

疲れた時にあなたの身体をいやしてくれるマッサージ屋さん。
人の健康にかかわるお仕事でもあり、体力を使う力仕事でもあります。
もちろん、接客業でもあります。
そんなマッサージ屋さんはお給料をどのくらいもらっているのか知っていますか?

リラクゼーションのお店は完全歩合制が多い

マッサージと言っても保険のきく治療院のようなお店と、リラクゼーションのお店では話が変わってきます。
今回は今流行りのリラクゼーションのお店のマッサージ屋さんについてお話ししたいと思います。

リラクゼーションのお店には月給制のお店と歩合給のお店の2パターンがあります。
月給制のお店だと、経験を考慮と書いてあったりしますが、だいたい20万円くらいからスタートが多いです。
でも、リラクゼーションのお店では、月給制のお店よりも完全歩合給のお店が多いようです。

歩合給の仕事ってどんな感じかというと、まずマッサージ屋さんたちは会社にやとわれている社員ではなくて、一人ひとり個人事業主として会社と業務委託契約をして働くことになります。
言って見れば、マッサージの店舗を持っている会社に場所を借りて自営の仕事をしているといった感じです。

マッサージ屋さんのお給料の話

そして、最近よく見かける60分3500円くらいの激安店の場合、大体60分で2000円くらいが相場だと思います。
指名が多いと少し歩合が良くなったりもしますが、そこまで差がないといった印象です。
私がリラクゼーションの業界に入ったばかりのころは2400円くらいからスタートして、だんだんと歩合が上がり、私は1年半くらいで60分で3000円くらいのお給料になりました。(10年以上前の話ですが)
そう考えると今の激安店の給料ってかなり安くなっています。

月に6000分仕事をしたとして、10年前なら30万円もらえていた人が今では24万円くらいしかもらえない計算になります。

また、完全歩合制のお店だと、何時間店舗に待機していてもお客さんが来ないと給料はゼロです。

人気のお店なら良いのですが、もともと人があまり来ないような立地の店舗に配属されてしまうと、どんなに腕が良い人でも給料はすごく低くなります。
逆に人気のお店に配属されると初心者でも、たくさん仕事ができて、お給料もけっこう良かったりします。
初めはつらいでしょうが、仕事がたくさんあるので頑張って続けれいれば腕もあとからついてきます。

マッサージ屋さんのお給料の話その2 給料と人間関係~マッサージ屋さんの四方山話へつづく




ブロトピ:ブログ更新しました!
https://blogcircle.jp/commu/845/topic/1

ブロトピ:ブログ更新しました!

短い時間でいろいろ要求するお客さん~マッサージ屋さんがちょっと困ったなと思うこと その4

マッサージ屋さんがちょっと困ったなと思うことを知っておいて、そういうことをしないようにしましょう。

そうすることで、マッサージ屋さんにより良い仕事をしてもらえます

あれもこれもと欲張るのはよくない

20分コースのお客様で、「腰が痛いから特に多めにやって!でも、全身やってね。」なんていう人がたまにいます^^;

全身普通にやるなら60分は欲しいというのが施術者の本音です。

20分コースなら、「腰だけ」「首と肩まわり」「足全体」などが妥当なところでしょう。
それを全身やって、さらに腰は特に多めにやるなんて、正直無理な話です。

こういう時、私たちがどうするかというと、「はい」と答えて、全身をさーっとやるというのが常套手段です。
疲れている人に、「20分コースでは全身無理ですよ」なんて言っても、怒られてしまったり、機嫌を悪くされてしまうことが多いからです。

どうしても予算がない。忙しくて短い時間しか取れない。そういうときもあると思います。
でも、それならば最初から「腰が疲れているから、腰をお願いします」と、ピンポイントでお願いしたほうが気持ちよく受けられるでしょう。
マッサージをするほうだって、短い時間でも少しでも疲れがとれるように頑張ろうという気になるものです。

短い時間であれもこれもと要求するお客さん_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

終了してからお願いを増やすのはNG

たいていの施術者は初めのうちに「特に疲れているところはありますか?」といった質問をしてくれます。
この時にきちんと希望を教えてくれる人もいれば、「全身やって」とか「いつも通り」なんてめんどくさそうに答える人もいます。

(疲れているからしゃべりたくないのかな?)
なんて思いながら肩の施術をしていると
「あー、最近肩痛かったんだよ。その辺多めにやってよ」
なんて言われたり。
そういうふうに、あとから希望を出してくるお客様って結構います。

ここまでは普通の話です。

やめたほうが良いのは終了間際や、施術が終了してから、希望を出してくる人です。
たまーにですがいるんです。

マッサージが終了して
「はい、ありがとうございましたー」
とこちらが言うと、

「あと、腕だけやってくれないかな?」
とか
「足の脛(すね)もやってよ」
なんていうお客さんもいます。

正直、時間が過ぎてから言われると、良い気持ちはしません。
仕方なくやってはもらえるでしょうけど、
(ずるい人だな。。。)
って覚えられてしまうのが落ちです。

以前私の指名の常連さんで、そういう人がいました。
最初のころはそうでもなかったのですが、いつの頃からか終わった後に「手のひらもやってよ」と言ってくるようになりました。
そのうち私は言われなくても時間内に手のひらもやるようになりました。

すると今度は終了後に「太ももの前側もやってくれないかな?」と。
もちろん私は次は時間内に腕も太ももの前側もやるようにしました。

そうすることでだんだんと今までやっていた他の部分のマッサージの時間が短くなって、手のひらや太ももの前側に時間が使われるようになります。

お客さんは、他の人よりも得したい、自分だけ良いサービスを受けたいと思ったのかもしれません。
誰だってそういう、ちょっとズルしたいという気持ちになることはあると思います。
でも、そうすることで本当に疲れているところのマッサージの時間が減ってしまうことになる場合もあります。

それと、私を含めほとんどの施術者は次の仕事が詰まっていたりしなければ、好きなお客様には何も言わずにちょっと長めに施術したりすることはよくあります。
良いお客さんは、知らずにちょっと得しているんです。

でも、ズルしようとするお客さんを好きになる人っていませんよね。
施術者に嫌われてしまったら、ちょっと長めに施術してもらえるなんてこと、もうなくなってしまいますよ。




目次1へのボタン_上手なマッサージ屋さんの見つけ方、探し方

ブロトピ:ブログ更新しました!
https://blogcircle.jp/commu/845/topic/1

ブロトピ:ブログ更新しました!